インフルでダウン中の就職活動・・・配管工の求人が少ない

今までの経験を生かして、配管工として働こうと考えていた矢先に
インフルエンザで一週間もダウンしてしまいました。
この間、問い合わせが1件あったのだけれど、ダウンしていて電話に出られなかった。
せっかくのチャンスを台無しに。
配管工の求人は多くないので、直接よりも求人サイト等で
キーワードを入力したりしておいて、
メールでの連絡を待つほうが現実的かもしれません。
特に配管工は求人数が多くないので、欠員が出た時に補充的に求人がかかるため、
常に募集がかかっているとは限らないのが、特徴なのかもしれません。
今度はインフルエンザの感染で、貴重なチャンスを逃すことがないように
インターネット登録等で希望が見つかるような就職活動にしたいと思います。

横浜のトリミング店ではすました様子のわんこも、注射は嫌で取りみだしてました

わんこの飼い主なら皆おなじみの予防接種。
マラリアなどの怖い病気から愛犬を守る為の大事な決まりごとです。
私は毎年動物病院で受けているのですが、
今年は初めて集合注射会場に行ってみました。
横浜のトリミング店でよく合うわんこに会って、飼い主さんとの世間話。
幸い我が家のわんこは注射をそんなに嫌いではないので、
毎年苦労した事はないのですが、会場に到着してみるといろんなわんこがイヤイヤしてて、
大変そうだけどかわいくて笑ってしまいました。

毎週末ギター教室で渋谷へ出てくるのが習慣になりそうです

今週もギター教室で渋谷へ出かけていました。
前回に引き続きKさんが講師のギター教室。
ほのぼのした雰囲気でざっくばらんな教室は、
まるで学生時代の放課後のような雰囲気です。
前回からすっかり仲良くなったKさんですが、
来月からまた海外へ出かけるとの事。
エボラ出血熱やマラリア等、
第三国で流行している感染症のワクチンを届けるため、
数か月海外を回るのだそうです。
真っ黒に日焼けしたKさんの笑顔は優しさの中に強さもにじませています。

ドクターがレンタルオフィスの個室で開業?

エボラ出血熱の話題もかなり下火になってきたが、
そういったニュースを聞くにつけ、へき地の医者不足というのは深刻なのだと思うのです。
感染症対策室とか、対策を考える機関ももちろんあるのでしょうが、
医者が少なく、知識のある人間がいないから、
民間療法で何とかしようとし、余計に病を広げている様な気がします。
医師の派遣というのも色々手続きが煩雑そうで、
例えばレンタルオフィスで個室をレンタルするように、
病室や診察室を設備ごと気軽にレンタルできるような仕組みがあればいいのに。

カルテなどの文書保管について

特に都心などの敷地が狭い個人経営の病院で悩まれているのは
カルテやレントゲンフィルムなどの文書保管です。
カルテは重要な個人情報のため、保管も破棄も気を使います。
私の知人の医師Kさんも紙やフィルムでの管理に限界を感じており、
スキャニングをして電子保管をしようかと考えているそうです。
ちょうど感染症情報で聞きたいことがあったので病院に伺ったら
文書保管の相談をされたのですが、いいところを探してみたいと思います。

横浜の外構工事をみながら

日本の都会にいると、感染症について考える機会が少ないと思っていましたが、
去年くらいから都会の方が感染症についてのニュースが増えていますね。
特に海外旅行帰りの人に感染症疑惑が出たり、
公園の蚊に刺されたことでデング熱が発生したとニュースになったり…。
横浜の外構工事をぼんやりと眺めながらそんなことを考えていたのですが、
今年は公園の蚊の調査をしたところ問題なさそうです。
公園に入れないのはつらいですものね。

ダイビングを埼玉で習うのと同時に…

知人が埼玉県の保健医療にかかわる衛生研究所にいます。
私がこのサイトで取り上げている
エボラやマラリアなどの感染症についての最先端にいるので、
ことあるごとに時間を取ってもらって情報収集させてもらったりして(笑)。
まあ知人も知識を公開するのは好きみたいなのでもちつもたれつです。
さて、私はこのたびダイビングを埼玉のスクールで習うことにしたんですが、
同時に知人との食事もこの時にしたいと目論んでいます。
これからますます感染症ネタが増えることでしょうw

ニュースに集中するためにテレビ台を通販購入で検討。

現在最も注意深く見ているのが「韓国MERS」。
現在死者2名、3次感染確認、750人を隔離となっておりました。
これは酷いですね。
これは韓国がザル過ぎる!と言いたくもなります。
中国は政府の命令が強制力持つからまだ封じ込めできるかもしれませんが、正直不安です。
さらに嫌なニュースとしてアシアナ機、消毒しないまま名古屋までフライトを行っていたとのこと。
これこそパンデミックですね。
弱毒化するまでに何人の死者が出るのか…。
と思いながらニュースを見ていたら、テレビが傾きました。
実はカラーボックスをテレビ台と使用していたので、
ニュースに集中するために、きちんとしたテレビ台を買おうと思います。
テレビ台なら通販が安くていいかな。

自動販売機の設置によって悪環境に?

自動販売機にもいろいろありますが、飲み物だけでなく、
新聞やお菓子、アイスクリームなどもよく見かけますよね。
自動販売機が設置されているということは需要があることは確かですが、
私の会社では正直、悪環境の道しるべになっているような…。
というのも、休憩が取りづらくで外出できない、
朝買ってきてそのまま会社に籠ることも多くなるからです。
自動販売機がなければもっと外出が増えるはず…。
感染症の話を書くつもりが恨み事を書いてしまいました…w

結末は、携帯買取店で携帯を売り払い。

日本ホラー映画の金字塔の「リング」
そのアップデート版で派生系の「着信アリ」この二つは、
呪いが伝播するということが大きな焦点となっています。
「リング」の場合は、呪いの連鎖を断つには自分が犠牲にならなくてはなりません。
しかしウィルスや風邪はそうはいきません。
日本では「人に風邪を移すと風邪が治る」と言われていますが、
ご存知の通り事実無根で紛うことなく迷信ですが、
致死率が高く拡散率が広いウィルスの場合、
この迷信にもすがりたくもなりますね。
話は戻りますが「着信アリ」ラストが思い出せません。
携帯買取店で携帯を売り払い決着…な訳はないか。

ソファ、激安、通販など探していたら、追跡広告が。

先日ネットサーフィンでソファを探していました。
ソファを激安で通販サイトでという条件のもと、
しかもデザインのカッコいいものをと我が儘に探しました。
最近のは、サイトを移動しても履歴からその人に向けた広告が
追跡表示されますが、私の場合ややボランティア関係を回るせいか、
その関連の広告が付き纏います。
正直、この追跡広告の団体は、広告費に幾ら使っているのか気になってきます。
ユニ●フは、都内にどでかいビルを建てだいぶ反感を買いましたが、
ボランティアビジネスで善意を搾取することは、人道としてどうなのでしょうか。
現地に行くお金より職員の懐に入るのが多いなんて悪い冗談ですよね。

看板デザインはメッセージ重視に

感染症予防の啓蒙を看板デザインで表現しようという課題がありました。
実現化するかどうかはまだわかりませんが、
いろんな可能性があると思いますので仲間内でも
結構な数のプランを出したんです。
やはり看板デザインはデザインよりもメッセージ性を優先させる方が良いように思います。
まず見てもらうことが大事かなと。
そんなこんなで数十点の案を提出させていただきました。
結果は追ってお知らせしたいと思います。

ウィルス対策と水道修理と。

人を介したウィルスの広がりは、水の汚染に似ているようば気がします。
人の流出を止めなければ、比例して感染が拡大を続けます。
水の汚染も、堰き止めなければ同じです。
しかし、水の場合は目に見える場合がありますが、
ウィルスは目に見えず、完璧に遮るということができず、
また潜伏期間、空気感染を入れるとその対策の困難さが容易に伺えます。
水道修理のように、工具があれば、素人作業でもなんとかなるのだったら良いのですが、
そうはいかないですからね。
常々、日本の東京の都市一極集中型が問題として指摘されますが、
ウィルス対策から見ても大きな問題ですよね。

autocadの実践本を引っ張りだす。

ワクチンと疫学、感染症などのセミナーがあるようなので、
申し込んでみようかと思います。
どのセミナーに出ようかと悩んでいると、友人からメールが届きました。
「昔autocad勉強してたよね?参考書とかまだ持ってる?」
昔CADの資格を取るために勉強しようと思い、
参考書や実践本を買ったことがありました。
結局数ページ見ただけで終わりましたが(汗)
友人の為に本を引っ張りだしてみましたが、
古いものなので使えるのか心配です。

ウユニ塩湖のあるボリビアでは、1人が感染。

約1年前に感染の拡大が問題となったエボラ出血熱ですが、
現在対策の遅れをめぐり、援助団体の国境なき医師団(Doctors Without Borders、MSF)と
国連(UN)の世界保健機関(World Health Organization、WHO)との間で
舌戦が勃発しているらしいです。
2万5000人近くが感染し1万人以上の命を落としたといわれています。
エボラは言わずと知れた50-80%の致死率の高い感染症で、
その感染拡大の対策次第で、多数の人命を左右するので、
今後の対策として議論は必要でしょう。
私事ですが、今年あたりに行きたいと思っていたウユニ塩湖のあるボリビアでは、
1人が感染とのことなので、そちらの心配は大丈夫そうでなによりです。

アメリカの古物市場から発生した感染症

エボラやマラリアだけでなく感染症には多くの種類がありますが、
今ちょうどサルモネラ菌について調べているところです。
名前の由来はアメリカの病理学者です。
サルモネラは人に下痢を引き起こす感染症でアメリカで発見されたんですね。
資料では発生場所や昔と今の対応の違いや治療方法などについても解説されており、
新設なサイトですね。
了解が取れたら掲載します。
またアメリカでの症例や発見場所もまとめられているのですが、
古物市場からの発生で感染したこともあるそうです。